第30回 呉街あるき(三之瀬を歩きましょう)

2021年1月。コロナ禍の真っ只中、イベントも中止、外出もままならぬ時期でした。
それでも、黙って家に閉じこもるのではなく、何かできることは無いかな?
密にならず、遠くに行かず、公共交通機関を使わず、「歩く」ことなら良いのでは?と、スタートしたのが「呉の街あるき」です。

リンクをクリック↓

第1回まち歩き 呉の街を再発見&新発見!

街歩きスト竹本さんの丹念な実地調査と資料の検証のもと、コツコツと開催を続け、リピーターさんや県外の方も参加していただける様になりました。
おかげさまで、今回をもって記念すべき第30回目の「街あるき」を迎え、大人の遠足気分で「下蒲刈町」へ行ってきましたよ。


広駅前に集合して、バスで下蒲刈へ。
そこから大津泊庭園、天神鼻を通って、三之瀬を巡りました。

よくガイドブックに載っている「三之瀬本陣」「福島雁木」「蘭島閣美術館」などはもちろん、歩くことで発見した地層や、今回は事前に依頼をして弘願寺(ぐがんじ)の敷地内にある「永野記念館」を見学しました。


昭和の時代に日本の政治、経済、宗教界で活躍した人材を輩出した永野家の資料が展示されており、この小さな島ではすごい家柄なのだと、あらためて感心したり。
(普段は一般公開していませんが、今回は特別公開です)
当日は、うきうき大人のピクニック!境内を拝借して、島のお弁当もいただきましたよ。

竹本さんが丁寧に調べたオリジナル資料を手にして歩く「街あるき」は、普通の観光では行かない様な道やスポットを巡ります。
宮島の厳島神社とご縁のある「森之奥厳島神社」と古い手水「盃状穴」。

街あるきスト竹本哲朗さんならではの視点で歩く「下蒲刈」は、一味違った見え方がありました。

詳しい「街あるき」のレポートは、こちらのリンクから
   👇👇👇
第30回 呉街あるき(三之瀬を歩きましょう)レポート

<お知らせ>
秋からは、少しペースダウンします。
これまで開催した街あるきコースの組み替えや、「行きたかったけど参加できなかった」「もう一回してほしい」などのリクエストにお応えしながらの「街あるき」になります。


○━●━━○━━●━○○━●━━○━━●━○○━●━━○━━●━○

「くれ・ひと・まち情報応援団」
私たちは、呉の「街あるき」や歴史の「勉強会」、「オリジナルツアー」などを企画しています。詳しい内容はメールでご案内しています。
活動にご興味のある方は、まずはメール会員登録(無料)からお願い致します。

メンバー登録はここをクリック(メール会員無料)

 

関連記事

  1. 「戦艦扶桑戦歿者慰霊碑」

  2. 「第7回まち歩き」(吉浦・川原石コース)

  3. 会員募集中

  4. くれ・ひと・まち情報応援団!来年に向けて

  5. 「第15回街あるき」旧澤原家(三ッ蔵)見学&すずさん家

  6. 「呉の街あるき 散策絵図(両城・川原石編)」完成&販売!